冬より夏の方が爪は伸びる?!気になる速度について。

こんにちは!
FREE’S nailの大下 彩です。

近頃暑くなってきましたね!

『最近爪がすごく伸びるのー!』と、いうお客様の声をよくお聞きします。

今日は爪の伸びについてのちょっとした知識をお伝えしようと思います。

 

そもそも爪とは...?

 

1☆ 爪の成分

爪は硬いため、爪の主成分はケラチンという繊維タンパク質からできています。ケラチンはアミノ酸の一種であるシスチンの含有によって、軟ケラチンと硬ケラチンに分けられます。爪はシスチンを多く含んでいる硬ケラチンからできているために硬くなります。

●たんぱく質…爪の主成分
●ビタミンE…血行を良くし、つやのある爪をつくる
●ビタミンB群、カルシウム…丈夫な爪をつくる
●ビタミンD…カルシウムの吸収を高める
●亜鉛…不足すると爪がもろくなり、白い斑点ができる
●鉄分…不足すると爪が反り返る

出典:女性のための栄養学

※女性は貧血の方が多いので、反り爪になっている方をよく見かけます。

普段からしっかりと栄養を摂取して良い爪作りをしていきたいですね!

 

2☆ 伸びるスピード

爪の伸びるスピードは、健康な成人で1日約0.1mmです。乳幼児や高齢者で0.07~0.08mmです。指によっても多少異なります。(個人差はありますが、よく使う指は伸びるのがはやめ)

画像のように、よく使う人差し指が他の指と比べると少し伸びていますね。

 af213107-8138-4138-b4b1-2294e1018c77

爪の伸びるスピードは20歳頃に最大の伸びとなり、50代ではスピードが遅くなります。爪は年齢が増えていくことにより厚みを増し、伸びるスピードも遅くなるといわれています。

また、手と足の爪では、足の爪の方が厚く、成長スピードは遅い。冬よりも夏の方が爪の伸びが早くなります。 

・大人より子供の方が早い
・女性より男性の方が早い
・夜より昼に伸びる
・暑い国に住むと早く伸びる

出典:https://omoshiroi-zatsugaku.com/archives/6169.html

※睡眠不足でも早く伸びる?!

爪は、皮膚の一部が変化したものであって(神経は通っていない)死んでいる細胞なんです。

・睡眠中は細胞が活発に動かない為、死ぬ細胞も少なくなり爪が伸びるスピードも遅くなる。
・睡眠不足だと活動時間が長い為、死んでいる細胞が増えて伸びるスピードも早くなる。

と、言われています。

sleep

まとめ

個人差はありますが、新陳代謝が良い人や爪先の刺激が多いと早く伸びるようなので、暑い季節・手先を良く使う仕事(PC作業など)の方などは爪が伸びる速度が早いという事ですね!

IMG_1970

 

ネイルの伸びが早い時は少しネイルチェンジのスパンを短めにするなどしましょう。
<※普段4週でネイルチェンジする方は3週くらいにしてみる>

特に、これから梅雨になり湿度が高くなる時期なのでグリーンネイルにならないよう、清潔な状態をキープできるよう心がけてネイルを楽しみたいですね。

IMG_0134

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です