あなたのコーティングはどっち?ソフトジェル・ハードジェルの違い

coating1

ネイルサロンで、最後のコーティングはいつも<ソフトとハード>どちらにされていますか?と、聞かれることがありますよね。

実際にどちらをしているのか。
また、どちらの方が自分に合っているのか。

 わからない方が殆どだと思います。

今回はソフトとハードの違いについてと、どちらに適しているのかを簡単にお伝えしたいと思います*

ソフトジェル/ハードジェルそれぞれの特徴

IMG_2438 

ソフトジェルの特徴

・ソフトジェルは一般的に使用されているものです。
・基本的には柔らかいタイプのジェルです。
・<ソークオフジェル>とも言われており、専用の溶液でオフ(除去)する事が可能です。
・最近では数々のメーカーからでており、その種類も豊富です。

ハードジェルの特徴
・基本的に硬いタイプのジェルです。
・ソフトジェルのように溶液では溶けない為、オフ(除去)する場合は削り落さないと取れません。
・硬さは十分あるので長さを出すのに最適です。

ジェルが出始めた頃にはベースからハードジェルを塗ることも少なくありませんでしたが、最近では、自爪を傷めにくいようにベースはソフトジェルでコーティングはソフト、ハードのどちらか選べる(サロンにより追加料金が発生する場合もある)のが主流になっていますね。

上記を踏まえてソフトジェル・ハードジェルのコーティング、それぞれどんな方にオススメかをまとめてみました。

IMG_2458

どちらに適しているのかチェックリスト☑️

ソフトジェル ハードジェル

・自爪が元々しっかりしていて硬い
・爪が短め
・フラットなアート
・すぐに取らないといけない
(イベントネイルなど、普段しない方が一時的にしたネイルなど)
・周期が短め
(2〜3週間でネイルチェンジする)

・自爪が元々折れやすい
・爪が長め
・長さ出しやリペア(自爪の亀裂の補強)をしている
・乾燥しがち
・お風呂にゆっくり浸かる
・ボリュームのあるアートをする
・水仕事が多い

<?>ネイル用語

 


 ベース:はじめに塗る土台となるジェル
 コーティング:最後の仕上げのトップジェル
 オフ:ジェルネイルを除去すること
 自爪:自分の爪、ナチュラルネイル
 

 FREE’S nailでは・・・

ベースはソフトジェルで、コーティングは<ソフトジェルかハードジェルを>追加料金無しでお選び頂けます。

お客様のLifestyleに合わせて、担当のネイリストがしっかりカウンセリングをした上でお仕上げ致しますので初めての方でも安心してお任せください(*ノv`)b

FREE’Snail/eyelash  大下 彩 

coating1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です